ミホミュージアムミシュラン三ツ星観光施設 MICHELIN Voyager Pratique Japon

ミシュラン三ツ星観光施設をご紹介。ミシュランが日本の観光施設を三ツ星評価♪日本観光の参考にされてはいかかですか♪

ミホミュージアム MIHO MUSEUM




MIHO MUSEUM (みほ・みゅーじあむ) は、滋賀県甲賀市信楽町にある私立美術館である。


MIHO MUSEUMは、神慈秀明会の会主・小山美秀子(みほこ)のコレクションを展示するため、1997年(平成9年)11月に開館した。
コレクションには、ギリシア、ローマ、エジプト、中近東、ガンダーラ、中国、日本など、幅広い地域と時代に渡る優品2000点以上が含まれている。
コレクション形成に数百億円をかけたともいわれ、日本にある私立美術館のコレクションとしては有数のものである。


信楽町郊外の山中にある美術館は、「桃源郷」をイメージして造られたというだけあり、恵まれた自然環境のなかにある。
レセプション棟から桜並木を通ってトンネルをくぐり、その先の吊り橋の向こうに展示館がある。
利用者の移動の便のために電気自動車がレセプション棟と展示館の間を往復している。



建物は、ルーヴル美術館の「ガラスのピラミッド」、ワシントンのナショナル・ギャラリー東館で有名な建築家、イオ・ミン・ペイの設計である。建築容積の8割が地下に埋没しているというこの建物は、周囲の自然景観保全に配慮したものである。 展示品の一部が「盗品」との疑惑がある。