東慶寺ミシュラン三ツ星観光施設 MICHELIN Voyager Pratique Japon

ミシュラン三ツ星観光施設をご紹介。ミシュランが日本の観光施設を三ツ星評価♪日本観光の参考にされてはいかかですか♪

東慶寺-Tōkei-ji-


東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は詳しくは東慶総持禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は北条貞時、開山(初代住職)は覚山尼(かくさんに)である。

所在地 : 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
位置 : 北緯35度20分6.88秒
東経139度32分44.27秒
山号 : 松岡山
宗派 : 臨済宗円覚寺派
本尊 : 釈迦如来
創建年 : 弘安8年(1285年)
開基 : 北条貞時、覚山尼(開山)
正式名 : 松岡山 東慶総持禅寺
別称 : 縁切寺、駆け込み寺

---------歴史----------
鎌倉幕府第9代執権北条貞時が、父北条時宗死去の翌弘安8年(1285年)、覚山尼を開山として建立した寺である。覚山尼は、北条時宗の夫人であり、貞時の母にあたる人物で、時宗の死後、出家して尼となった。なお、当初は真言宗の寺であったものを覚山尼が臨済宗に改宗したとの別伝もある。

東慶寺は現在は男僧の寺であるが、明治36年(1903年)までは代々尼寺であり、尼五山の第二位の寺であった。後醍醐天皇の皇女用堂尼が5世住持として入寺してから当寺は地名をとって「松ヶ岡御所」と称せられ、格式の高さを誇った。江戸時代には、豊臣秀頼の娘で、徳川家康の養外孫にあたる天秀尼が20世住持として入寺している。

東慶寺は、近世を通じて「縁切寺」「駆け込み寺」として知られていた。江戸時代、離婚請求権は夫の側にしか認められていなかったが、夫と縁を切りたい女性は、当寺で3年(のち2年)の間修行をすれば離婚が認められるという「縁切寺法」という制度があった。幕府公認の縁切寺として、江戸から多くの女性が東慶寺を目指した。ただし、女性が駆け込んできてもすぐには寺に入れず、まずは夫婦両者の言い分を聞いて、夫が離縁状(いわゆる「三下り半」)を書くことに同意すれば、すぐに離婚が成立したという。また、実際には離婚に至らず、調停の結果、復縁するケースも多かったという。この制度は、女性からの離婚請求権が認められるようになる明治6年(1872年)まで続いた。

近代になって、中興の祖とされる釈宗演(1859年?1919年)が寺観を復興した。釈宗演の弟子にあたる鈴木大拙(1870年?1966年)は禅を世界的に広めた功労者として著名で、寺に隣接して鈴木の収集した仏教書を収めた松ヶ岡文庫もある。

当寺は文化人の墓が多いことでも有名で、墓地には鈴木大拙のほか、西田幾多郎、岩波茂雄、和辻哲郎、安倍能成、小林秀雄、高木惣吉、田村俊子らの墓がある。