明治神宮ミシュラン三ツ星観光施設 MICHELIN Voyager Pratique Japon

ミシュラン三ツ星観光施設をご紹介。ミシュランが日本の観光施設を三ツ星評価♪日本観光の参考にされてはいかかですか♪

明治神宮-Meiji Shrine-


明治神宮(めいじじんぐう)(正式な表記は「宮」中の「呂」の「口」間の線が入らない)は、東京都渋谷区にある神社。初詣では例年日本一の参拝者数を集める。

明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。

-------由緒--------
明治45年(1912年)に明治天皇が崩御し、続いて大正3年(1914年)に皇后であった昭憲皇太后が亡くなると、その遺徳を偲ぶ国民から夫妻を祭る神社を求める機運が高まった。これを受けて政府は神社奉祀調査会を設置して審議し、大正天皇の裁可を受けて大正4年(1915年)5月1日、官幣大社明治神宮を創建することが内務省告示で発表された。明治天皇が「うつせみの代々木の里はしづかにて都のほかのここちこそすれ」と詠んだ代々木の南豊島世伝御料地を境内地として造営が行われた。大正9年(1920年)11月1日に鎮座祭が行われた。代々幡町(現在の渋谷区)の代々木に鎮座するまでには、さまざまな自治体が名乗りをあげ、埼玉県飯能町(現在の飯能市)の朝日山に明治神宮を鎮座し、明治天皇が登られた「天覧山」一帯を神宮の外苑にしようとの計画があった事もいわれていた。

昭和18年(1943年)に外苑にて出陣学徒壮行会が開催され雨のなか、約7万の入隊学徒が行進した。昭和20年(1945年)の空襲の際に社殿のほとんどが消失したが、昭和33年(1958年)に再建され、近年の初詣では、大晦日から正月三ヶ日の間で300万人前後にものぼる日本一の参拝者を集めている。そのため、警察庁警備局主導の集中警備本部が設置され多くの警察官が警備にあたる。

第二次世界大戦後は宗教法人神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていたが、平成16年(2004年)に神社本庁との包括関係を解消し、単立神社となった。