東京都庁舎ミシュラン三ツ星観光施設 MICHELIN Voyager Pratique Japon

ミシュラン三ツ星観光施設をご紹介。ミシュランが日本の観光施設を三ツ星評価♪日本観光の参考にされてはいかかですか♪

東京都庁舎-Tokyo Metropolitan Government Building-


東京都庁舎(とうきょうとちょうしゃ)とは、東京都の新宿副都心にある、東京都庁の本庁舎をいう。東京都新都庁舎、東京都本庁舎ともいう。

所在地 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
建築期間 着工:1988年4月
竣工:1990年12月
高さ 高さ:243.4m(軒高:241.9m)
階数:地上48階、地下3階
面積 建築面積:11,042m?
敷地面積:14,350m?
延床面積:195,567m?

-------概要-------
1990年12月完成。1991年に丸の内の旧庁舎から移転し、都庁としての業務をスタートした。第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟からなり、東京都の行政の中枢機能を担っている。設計者は丹下健三で、建築設計競技により選ばれた。

旧淀橋浄水場跡地の再開発により誕生した新宿西口の超高層ビル街区の中央から西南側に位置し、都庁舎は1、4、5号地の3ブロックを占めている。1号地には第二本庁舎、4号地には第一本庁舎、5号地には都議会議事堂と都民広場がある。また、第一本庁舎と第二本庁舎は、西側の新宿中央公園に面している。

---第一本庁舎・施設---
第一本庁舎は高さ243mで、完工時にサンシャイン60を抜き、日本一の高さを誇った。その後、日本一の座を横浜ランドマークタワー(1993年年完工、296m)に、東京一の座を六本木のミッドタウン・タワー(2007年完工、248m)に譲った。 着工から完工当時の東京都知事は鈴木俊一。バブル経済の最中に計画された当時日本一の超高層ビルであり、「バベルの塔」をもじって「バブルの塔」と揶揄されることもある。年間40億円もの維持管理費用を要することや豪華な知事室などから「税金のムダ使い」との批判もあるが、反面、東京の観光名所の一つとして展望室に訪れる人が絶えない。夜間はライトアップされる。

展望室は、第一本庁舎45階南北にそれぞれ位置し、1階から直通エレベータで55秒で到着する。利用料は無料。年末年始以外は年中無休、朝は9時半から夜は23時までオープンしており、夜景も楽しむ事ができる。バーや喫茶店や土産店も併設されている。この建物は地上48階まであるが43・44・46?48階は機械室となっており一般利用者の立ち入りはできない(ただし44階のトイレは利用可能)。

第一本庁舎32階には外部委託業者(東京ケータリング、西洋フードシステムズ)2社による職員食堂や売店などがあり、来庁者は誰でもセルフ方式で利用できる。ただし施設の性質上、営業は平日のみである。眺めがよく、値段も手ごろなので人気度は高い。たとえ1階にいなくても自分のいる階からエレベータで16・25階に上がれば32階へのエレベータに乗り継げるのでこの点は便利と言える(地下駐車場は専用エレベータを使う必要がある。また45階展望台へは1階へ戻り、展望台専用エレベータに乗り換えなければならない)

竣工当時、第一本庁舎に、指定金融機関である旧富士銀行が本店東京都庁出張所(5F)、第二本庁舎には、富士銀行本店東京都庁第二本庁舎出張所、旧第一勧業銀行本店第二本庁舎出張所、旧三菱銀行本店東京都庁第二本庁舎出張所(いずれも5F)が設置されていたが、現在は、

みずほ銀行東京中央支店東京都庁出張所(第一本庁舎)
みずほ銀行本店東京都庁公営企業出張所(第二本庁舎)
三菱東京UFJ銀行本店東京都庁第二本庁舎出張所(第二本庁舎)
に集約されている。その他、第一本庁舎内に東京都庁郵便局、新銀行東京(第一本庁舎1F)をはじめとした他の金融機関のATMなどが設置されている。


---デザイン・構造---
丹下健三の後期の代表作のひとつで、デザインとしてはポストモダンに属する。第一本庁舎は、一般にパリのノートルダム大聖堂の形態を引用しているといわれる。デザインについては批判もあるが、特徴のある形態のため、ランドマークとしての機能を果たしている。また、第二本庁舎は、同じ丹下の設計した新宿パークタワーと意匠的な共通点がみられる。

構造的にはスーパーストラクチャー方式を採用しており、第一本庁舎、第二本庁舎とも、1棟につき8本のスーパー柱と10階ごとのスーパー梁で建物全体を支えている。スーパーストラクチャー方式は、同じ丹下の設計によるフジテレビジョン本社等でも用いられている。

第一・第二本庁舎と都議会議事堂の三棟で構成されている建物の年間維持管理費は約40億円。
三棟合わせた建築費用は1569億円。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』